注目

関連検索キーワードとは?

関連検索ワードとは、Googleなどの検索エンジンで何かしらのキーワードを検索した際に、検索エンジンが自動で関連性の高いキーワードを選んで、検索窓の下に表示する仕組みの事を言います。

検索した人がより便利に検索エンジンを使うために準備された仕組みです。検索結果よりも上位に表示されるので、ほとんどの検索ユーザーの目にとまるのが特徴です。

もしかしてこんな状態になっていませんか?

例えば、社名、ブランド名、代表取締役の名前などで検索をしてみた時に、先ほど説明した関連検索キーワードの欄に、「倒産」「悪徳」「詐欺」「ブラック」「2ちゃんねる」などの問題のあるような言葉が、関連検索キーワードとして表示されてしまっていることがあります。

このようなあまりイメージの良くない言葉が表示されてしまい、それをクリックした人が飛んだ先の検索結果で悪意のある事実無根の書き込み・風評を見てしまうことで、社名やブランド名に対する信頼度の低下や、取引停止、注文のキャンセル、就職希望者の減少、従業員のモチベーション低下などの様々デメリットが発生してしまう恐れがあります。

何か商品を購入する前にどんな会社なのかを検索する人は多いですので、検索された際に問題のあるイメージを与えてしまうネガティブなキーワードやサイトが表示されていると、購入を中止してしまう可能性もあります。

ある会社では検索した人の印象が悪くなるような関連検索キーワードの削除を行っています。検索結果を改善することで、イメージの向上に役立てるのが目的です。

また、関連検索ワードだけでなく、検索結果を含めた総合的な対応をすることで、社名などで検索したときの結果をより望ましいものにするサービスも提供している場合もあります。

ブログや掲示板などで誹謗中傷されてしまい、それを見た人が関連した用語で検索することでより問題のある書き込みが表示されやすくなってしまいますので、早めの対応を心掛けた方が良い事もあります。

相談は無料で行ってる場合もあるので気軽に問い合わせすればいいでしょう。

関連検索キーワードの削除だけでなく、悪評の掲載されてしまっている掲示板やブログを目立たなくするためのサービスも提供している場合もあるので、そのようなサービスを選択してみても良いでしょう。

拾った捨て猫

昨日は、小学生の息子がいきなり猫を拾ってきたのでびっくりしました。

通学路の道路脇に毛布の入った段ボールがあって、ミーミーと声がするので何かと思ってめくってみたら、子猫が5匹も入っていたそうです。

漫画や小説でなら見聞きしたことがありますが、本当にこんなことってあるのですね。

息子達は、その場にいた数人の友達と、一人一匹ずつというような感じで持ち帰ってしまったようです。

可哀想というより、あまりの可愛いさに、つい持ち帰ってしまったという感じなのかも知れません。

以前から「猫を飼いたい」とペットをねだっていた長女がしゃしゃり出てきて、「可哀想だからうちで飼ってあげようよ!」と、大騒ぎです。

朝晩冷え込むようになりつつあるこの季節にこんな小さい猫が捨てられるなんて可哀想だと思います。

ただ、猫なんて飼ったことがないですし、どうやってお世話したらよいものか・・・子猫ともなれば、まだ離乳も出来てない段階かも知れないし、育てるのが大変なのではないでしょうか。

なにはともあれ、突然のことに面食らいました。ヴォクシー未登録車

遅ればせながらのコタツ

我が家のリビングは、日当たりや風通しの面からか、夏でもあまり暑くなく、冬は暖かく過ごせる有難い部屋でもあります。

外の気温が10度前後でも、暖房機器を使わなくてもリビングだけは他の部屋よりも暖かく、外の気温が10度程度なら私はTシャツに上着、主人はトレーナー1枚、子どもはTシャツ1枚で過ごす事も多いです。

ですが、朝晩の冷え込みが厳しいときは、そんなリビングでも寒く感じるので、その時の為に、先日、やっとコタツを出しました。

電源を入れなくても足元が暖かくて、コタツを見ているだけでもほっこりした気持ちになりますね。

昨日は朝寒かったので電源を入れたのですが、ポカポカして体が温まり、子どもが学校に行ってから、つい眠ってしまいましたが、暑くて目覚めました。

お昼前になると部屋も暖かくなってきたので電源を切って過ごしていたのですが、夕方、コタツに興味津々の子どもが、コタツをつけて宿題をしたいというので電源を入れたところ、10分もしないうちに居眠りを…。

20分後には、私と同様、暑い~と言って起きましたが。

今の我が家では、コタツにみかんという光景はまだ見れそうにないです。

もう少し寒くなった時に、コタツでみかんをしてコタツ生活を楽しみたいです。コチラ

冬場の暖房器具

とっても寒くなってきましたね。
今年は秋が本当に短かったような。

うちは主人と2人暮らしなのですが、電気代の節約というのはかなり重要な問題。

これまでは私も働いていたため昼間はエアコンは使っていなかったのですが、ただいま妊娠中のため在宅中。

すると今までかかっていなかった昼間の電気代が大幅に増えてしまう事態に。

とりあえず、明るいうちは照明も最低限にしています。

ですが寒いのだけはどうにも我慢できない!
しかも妊婦なので冷えは一番の大敵。

ということで、エアコンがなくても安い電気代で何か暖かいものはないかと、探しました。

見つけたのが、1畳用のホットカーペット。

正確にはキッチンマットだと思われるのですが、カーペットの材質ではなくフローリングに似せたビニールのマットなので、汚してしまってもすぐに拭けば清潔に保てる点が良いです。

そして、これをソファの足元においておくと、足先からぽかぽか。

もっと寒いときにはこの上に座っちゃえば、エアコンなしで十分です。

電気代も1時間3円くらいらしいので、かなりエコ!
いいのみつけちゃいました。

成功事例と実績

関連検索キーワード削除サービスの成功事例・実績を紹介していくページです。

飲食チェーン

相談にいたる背景
お客様の運営している飲食チェーンのブランド名で、食中毒という関連検索が表示されていることが判明しました。これが直接的な原因となって忘年会の予約のキャンセルが発生したことで、問題に気がつかれたようです。イメージも悪いのでなんとか対応したいということで相談されました。

依頼後の経過
「チェーンの名称 食中毒」という問題のある関連検索の削除を初期の相談から3週間ほどで達成いたしました。

人材派遣会社

相談にいたる背景
ブログでいわれのない書き込みなどにより、社名で検索したときに「社名 ブラック」と表示されるようになってしまい、それが直接的な原因かどうかはわからないが例年よりも内定の辞退者が多くなってしまったということで相談されました。

依頼後の経過
「社名 ブラック」という関連検索を削除すると同時に、問題のあるブログの管理者と相談して内容を変更してもらうことに成功しました。

これらはほんの一例ですので、もし自分も同じように気になると事があれば削除してもらうサービスを利用してみましょう。

掲示板監視サービス「監視パトローラー」とは

サービス「監視パトローラー」は掲示板・ブログなど、ネット上で社名やブランド名など指定していただいたキーワードについて、どのような書きこみがされているかを監視し、定期的にご報告するサービスです。

掲示板・ブログ・SNSなど、消費者が自ら情報発信できる場が一般的になっていることによって、インターネットでは消費者の発信する情報が増加し続けています。

これらの情報は、正しい情報ももちろん多数あるのですが、信頼性、質という点におきましては、まだまだ、完璧とは言い切れず、思いこみなどにより事実と異なる情報が発信されていることもあります。
このような、確かな情報、不確かな情報が両方発信されているなか、一部の消費者の悪意や思いこみが企業ブランドを大きく傷つけ、企業の信頼が失われる結果となってしまうことも少なくありません。

消費者の不満によるクレームや実際にある商品の問題点の書き込みならまだしも、ネットの情報の中には悪意ある情報(解雇した元従業員による中傷や内部情報のリーク、競合他社による業務妨害、悪質なクレーマーによる度重なる書きこみなど)が含まれており、多くの企業が被害をうけています。

監視パトローラーを使えば、新しく書きこまれたサイトのURLと書きこみの内容をすぐに把握できますので、早急な対応をすることができます。知らない間に悪いうわさが広がるということを防げます。

書かれている内容はお客様の本音ですので、商品やサービス、カスタマーサポートの対応などの改善に使うこともできます。

評判管理サービスとは?

評判管理サービスとは、googleなど検索エンジンで社名などで検索した際に上位に表示されてしまう悪意のあるブログや掲示板などの書き込みを目立たなくするためのサービスです。

具体的には、問題のあるページの順位を下げて11位以下にすることで、そのページを閲覧するユーザーの割合を減らすという方法を取ります。

検索結果の11位以下にすれば目にとまる率も、クリックされる率も大幅に減らすことができますので、悪いイメージを与えてしまうことを防ぐことができます。

こんな効果があります

広がりを止めることができる

悪意のある書きこみを見た人が、さらにそれを自分のブログやSNSの日記などに転載してしまうことで、悪いイメージが広がっていってしまいます。対策をすることでそのような波及を抑えることができます。

申込率の向上、キャンセル率の低下

商品を販売しているサイトを見たあとに、社名で検索して本当に大丈夫な会社なのかを確認するユーザーがいます。そのようなユーザーにとって検索結果は会社の信頼度を調べるためのツールなのです。
商品に問題があるかのような記述がされているページが見られてしまうと、申込をやめてしまったり、既に申しこんでいるものをキャンセルしてしまったりしますので、社名やブランド名で検索したときの検索結果に気を配ることが大切です。
買おうとするものの価格が高いときほど、事前にしっかりと調べようとするユーザーが多いので、高単価な商材を販売している企業はこの対策の必要性がより高いです。

就職希望者の増加、内定辞退の減少

これから転職、就職することを考えていて、選考を受けようかと検討している人は、かなりの割合で社名で検索して調べています。自分の勤務先を選ぶわけですから、商品やサービスを購入するとき以上に入念に下調べをするのは自然なことだといえるでしょう。
調べているときに、掲示板などで残業や社内の雰囲気などの事実無根の書き込みを見ることによって悪い印象を持たれてしまうと、せっかく会社に興味を持ってもらったにもかかわらず、採用選考を受けるのを中止してしまいます。

非常に大きな機会損失が発生している可能性がありますので、採用に力を入れている企業は早めに対応したほうがよいでしょう。