評判管理サービスとは?

評判管理サービスとは、googleなど検索エンジンで社名などで検索した際に上位に表示されてしまう悪意のあるブログや掲示板などの書き込みを目立たなくするためのサービスです。

具体的には、問題のあるページの順位を下げて11位以下にすることで、そのページを閲覧するユーザーの割合を減らすという方法を取ります。

検索結果の11位以下にすれば目にとまる率も、クリックされる率も大幅に減らすことができますので、悪いイメージを与えてしまうことを防ぐことができます。

こんな効果があります

広がりを止めることができる

悪意のある書きこみを見た人が、さらにそれを自分のブログやSNSの日記などに転載してしまうことで、悪いイメージが広がっていってしまいます。対策をすることでそのような波及を抑えることができます。

申込率の向上、キャンセル率の低下

商品を販売しているサイトを見たあとに、社名で検索して本当に大丈夫な会社なのかを確認するユーザーがいます。そのようなユーザーにとって検索結果は会社の信頼度を調べるためのツールなのです。
商品に問題があるかのような記述がされているページが見られてしまうと、申込をやめてしまったり、既に申しこんでいるものをキャンセルしてしまったりしますので、社名やブランド名で検索したときの検索結果に気を配ることが大切です。
買おうとするものの価格が高いときほど、事前にしっかりと調べようとするユーザーが多いので、高単価な商材を販売している企業はこの対策の必要性がより高いです。

就職希望者の増加、内定辞退の減少

これから転職、就職することを考えていて、選考を受けようかと検討している人は、かなりの割合で社名で検索して調べています。自分の勤務先を選ぶわけですから、商品やサービスを購入するとき以上に入念に下調べをするのは自然なことだといえるでしょう。
調べているときに、掲示板などで残業や社内の雰囲気などの事実無根の書き込みを見ることによって悪い印象を持たれてしまうと、せっかく会社に興味を持ってもらったにもかかわらず、採用選考を受けるのを中止してしまいます。

非常に大きな機会損失が発生している可能性がありますので、採用に力を入れている企業は早めに対応したほうがよいでしょう。

関連検索キーワードとは?

関連検索ワードとは、Googleなどの検索エンジンで何かしらのキーワードを検索した際に、検索エンジンが自動で関連性の高いキーワードを選んで、検索窓の下に表示する仕組みの事を言います。

検索した人がより便利に検索エンジンを使うために準備された仕組みです。検索結果よりも上位に表示されるので、ほとんどの検索ユーザーの目にとまるのが特徴です。

もしかしてこんな状態になっていませんか?

例えば、社名、ブランド名、代表取締役の名前などで検索をしてみた時に、先ほど説明した関連検索キーワードの欄に、「倒産」「悪徳」「詐欺」「ブラック」「2ちゃんねる」などの問題のあるような言葉が、関連検索キーワードとして表示されてしまっていることがあります。

このようなあまりイメージの良くない言葉が表示されてしまい、それをクリックした人が飛んだ先の検索結果で悪意のある事実無根の書き込み・風評を見てしまうことで、社名やブランド名に対する信頼度の低下や、取引停止、注文のキャンセル、就職希望者の減少、従業員のモチベーション低下などの様々デメリットが発生してしまう恐れがあります。

何か商品を購入する前にどんな会社なのかを検索する人は多いですので、検索された際に問題のあるイメージを与えてしまうネガティブなキーワードやサイトが表示されていると、購入を中止してしまう可能性もあります。

ある会社では検索した人の印象が悪くなるような関連検索キーワードの削除を行っています。検索結果を改善することで、イメージの向上に役立てるのが目的です。

また、関連検索ワードだけでなく、検索結果を含めた総合的な対応をすることで、社名などで検索したときの結果をより望ましいものにするサービスも提供している場合もあります。

ブログや掲示板などで誹謗中傷されてしまい、それを見た人が関連した用語で検索することでより問題のある書き込みが表示されやすくなってしまいますので、早めの対応を心掛けた方が良い事もあります。

相談は無料で行ってる場合もあるので気軽に問い合わせすればいいでしょう。

関連検索キーワードの削除だけでなく、悪評の掲載されてしまっている掲示板やブログを目立たなくするためのサービスも提供している場合もあるので、そのようなサービスを選択してみても良いでしょう。